イタリアの  は・ひ・ふ・へ・ほ

dolcetti.exblog.jp
ブログトップ

新年 (anno nuovo)

皆さま、新年明けましておめでとうございます!
っと既に5日になってしまいましたが…

さてさて、日本といえば年越しはお蕎麦と共に厳かにお寺にお参りにいって…っと言ったところですが、こちらイタリアでは年越しパーティっと言った感じで賑やかに締めくくります。

クリスマスは家族と過ごし、年越しは友達と共にワイワイ楽しく騒ぐのがこちら流。

お家で友達とパーティする人もいれば、レストランでチェノーネ(cenone - 豪華な夕食って感じかな)を食べて踊って新年を迎える人も。

もちろんカウントダウンで花火やバクチクがバンバン072.gifと大騒ぎ!

日本はクリスマスが終わると直ぐに新年の飾り付けに変わってしまいますが、イタリアでは1/6 エピファニー(ベファーナ Befana)の日までクリスマスは続くのです。

エピファニーの日については次回にして、クリスマスデコレーションについてもう少し。

クリスマスツリーを飾るのは本来のイタリア式デコレーションではないのです。
プレセピオ(presepe)というキリストの誕生シーンを再現した置物を飾るのが主流。キリストの誕生シーンだけの人もいれば、街を作ったり、模型を使って部屋一杯に飾る人も居たり…
プレセピオのコンテストまであったり、かなり気合いの入ったデコレーションですよ。
本来、キリストの誕生シーンの赤ちゃんのキリストは12/25に乗せるように取り外し出来る。デコレーションがちゃんと宗教と繋がっているのですね。

全ての飾りはエピファニーの日に取り外すのでそこでクリスマスは終了になり、学校も再開し新年の本当のスタートとなるのです。(会社員は2日から仕事してますが…)

今年が皆様にとって素敵な一年になりますように006.gif
f0336325_1564736.jpg

[PR]
by Dolcetti | 2015-01-05 17:13 | 文化/習慣